RPA

【初心者歓迎・RPA個人講座】RPAを一から学ぶITスクール

rpa learning courses

1. RPA講座の概要

1.1. 背景

社会人のITスキルの向上を支援することを目的に、2017年にITスクール「First」を立ち上げました。昨今、グローバル化やデジタル化の進展により、個人の雇用やキャリアは非常に不安定になってきています。その中で、ITスキルを身につけるための「学びの場」がもっと必要になると思いました。

世の中にITスクールは既に存在していますが、若年層や才能のある人向けのスクールが多いように感じます。私は、誰でも気軽にITスキルを学ぶことができる「寺子屋」のような場を増やしていった方が良いのではと考えています。2019年からRPA(Robotic Process Automation)講座を新設し、本格的にITスクールを拡大していくことを目指しています。

1.2. 講師陣

資金不足で他の講師を雇えないため、現在は代表の私が一人でスクールを運営しています。私は現役のRPAコンサルタント兼RPAエンジニアとしても活動しています。RPAのワークフローの作成方法を教えるのは勿論、運用保守を見据えたシステムの要件定義や例外処理などの一連のノウハウも教えることができると考えています。特に、クラウド(SaaS)型のRPAに関する経験が長く、最新の知見なども紹介していくこともできると思います。私の経歴はこちらをご覧ください。

1.3. RPA講座の種類

現時点では、RPAのスキルを身につけるために3つの講座を用意しています。各講座の詳細内容については、下記「3. RPA講座の詳細」をご覧ください。

レベル 講座名 概要
入門 RPA One Day研修 1日でRPAの一般知識が身につく研修を開催しています。前半はプレゼンを行い、後半はRPAソフトを使った演習を行っています。
初級 RPA基礎トレーニング RPAの初心者を対象に、一からRPAの基礎を教えています。土台部分を強化するために学習項目を絞った効率的なトレーニングを行います。
中級 RPA実務参画プロジェクト 実際の業務をケース課題として取り上げ、独力で自動化していく訓練を行っています。実務に生きる実力を養成していきます。

1.4. 使用するRPAソフト

本講座で使用するRPAソフトは下記の通りです。

  • UiPath(Community Edition)
  • Automation Anywhere(Community Edition)

原則、個人でも使用可能なCommunity Editionが提供されていて、ある程度の求人案件数が存在するRPAソフトを選定しています。状況に応じて、使用するRPAソフトを見直しています。なお、本講座では、特定のRPAソフトの使い方を90%以上に極めるような学びは行わず、RPAの「コンセプト」を理解し、実業務に生かせる「実力」を磨く学びを目指しています。

RPAの基礎(ベース)をしっかりマスターすれば、どのRPAソフトでも短期間でキャッチアップすることができるようになります。枝葉の機能に迷い込むのではなく、RPAの基礎を重点的に鍛えることが、最も効率の良い学習方法であると考えています。最初に「何」を学ぶべきかを、私がしっかりと教えたいと思います。

2. ITスクールの特徴

school feature

2.1. 授業形式(グループ/個別指導)

原則、スクールの授業はグループ指導で行っています。必要に応じて、個別指導の形を取ることがあります。また、講師が生徒に一方的に教えるのではなく、生徒が自ら考えながら学んでいく授業になるように心掛けています。

2.2. ディスカッション(事例紹介)

IT業界は変化が速いため、教科書や書籍になった頃には、次の新しい技術が既に登場しているものです。最新の技術に関心を持つために、授業中にITの利用事例を紹介しています。毎回、トピックを1つ取り上げ、その背景や効果などをディスカッションしています。

2.3. ランチ会

授業だけだと少しつまらないので、時々、授業後にランチ会を開催しています。こちらは完全任意参加です。美味しい食事をしながら、授業中には話さないような話題をシェアしたりしています。個人的にお店の開拓が趣味なので、色々なお店を紹介していきます。

2.4. 質疑応答のサポート

授業の内容は勿論、授業以外の内容でも、分からないことや疑問点は可能な限り答えるようにしています。コミュニケーションのツールとしては、Chatwork(チャットワーク)を活用しています。

3. RPA講座の詳細

course detail

3.1. 入門講座「RPA One Day研修」

入門講座「RPA One Day研修」の詳細は下記の通りです。

概要 1日でRPAの一般知識が身につく研修を開催しています。前半はプレゼンを行い、後半はRPAソフトを使った演習を行っています。
対象者 時間があまり取れないので、短時間でサクッとRPAについて体験してみたい方
学習項目
  • RPAに関する一般知識
  • Webブラウザの操作(レコーディング機能)
  • Webスクレイピング(繰り返しデータ)
  • Excel/CSVファイルの操作
日時 毎月1回開催(14:00~17:00)
場所 ・オンライン受講(ビデオ通話)
・阿佐ヶ谷のオフィス
料金 2,000円/人(税込)
授業形式 グループ指導
期間 1日
開催風景 開催風景はこちらをご覧ください。
※以前は「RPA勉強会&相談会」という名称で開催

 

3.2. 初級講座「RPA基礎トレーニング」

初級講座「RPA基礎トレーニング」の詳細は下記の通りです。

概要 RPAの初心者を対象に、一からRPAの基礎を教えています。土台部分を強化するために学習項目を絞った効率的なトレーニングを行います。
対象者 RPAの学習を始めたいけど、一人ではハードルが高いと感じている方
学習項目
  • Webブラウザの操作(レコーディング機能)
  • Webスクレイピング(表データ、繰り返しデータ)
  • Excel/CSVファイルの操作
  • Gメールの送信/受信
  • プログラム制御(繰り返し処理、条件分岐)
  • テキスト処理(正規表現、置換処理)
日時 毎週土曜日10:00~11:30
場所 ・オンライン受講(ビデオ通話)
・渋谷のコワーキング
料金 月謝 5,000円(税込)
※会場費は別途ご負担いただきます
授業形式 グループ指導または個別指導
※個別指導を希望される方は要相談(月謝が少し上がります)
期間 約3~6ヶ月(個人差あり)
参考情報 学習項目のイメージはこちらのブログをご覧ください。

 

3.3. 中級講座「RPA実務参画プロジェクト」

中級講座「RPA実務参画プロジェクト」の詳細は下記の通りです。

概要 実際の業務をケース課題として取り上げ、独力で自動化していく訓練を行っています。実務に生きる実力を養成していきます。
対象者 RPAの基礎は分かるが、実業務に適用させるには自信がないと感じている方
学習項目
  • セレクタの設計/編集
  • 配列データの処理
  • 非構造データ(PDFファイルなど)の処理
  • ワークフローの構築手法
  • 例外処理
  • ローカルアプリケーションの操作
日時 毎週土曜日10:00~11:30
場所 ・オンライン受講(ビデオ通話)
・渋谷のコワーキング
料金 月謝 7,000円(税込)
※会場費は別途ご負担いただきます
授業形式 グループ指導
期間 1テーマにつき約3ヶ月(全5テーマ)
参考情報

各テーマの資料は下記をご覧ください。
No.1「イベント情報の自動取得」(Link
No.2「求人情報の自動取得」(Link
No.3「領収書の自動発行」(Link
No.4「投資売買データのシステム自動入力」(開催中)
No.5「未定」

4. 申込方法について

RPAについてご興味のある方や、説明を直接聞いてみたい方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム