RPAプロジェクト

【活動報告】RPA実務参画プロジェクト・テーマNo.4「投資売買データのシステム自動入力」

reporting rpapj 4

RPA実務参画プロジェクト・テーマNo.4「投資売買データのシステム自動入力」が完了しましたので、活動内容を報告いたします。

1. プロジェクト概要

プロジェクトの概要は以下の通りです。

テーマ 投資売買データのシステム自動入力
期間 2019年12月上旬~2020年4月下旬
場所 コワーキングスペース(渋谷)、オンライン(ビデオ通話)
参加者 冨永 圭祐(講師)、生徒2名
成果物 設計資料(One Slide RPA)、ワークフロー

 

2. 成果物(One Slide RPA)

2.1. 要件定義書

本テーマで作成した「要件定義書」を下記に掲載します。

要件定義書

 

2.2. 開発計画書

本テーマで作成した「開発計画書」を下記に掲載します。

開発計画書

 

2.3. 基本設計書

本テーマで作成した「基本設計書」を下記に掲載します。画像をクリックすると拡大表示されます。

基本設計書_1

基本設計書_2

 

2.4. 動作テスト

本テーマで実施した「動作テスト」の結果を下記に掲載します。

動作テスト

 

2.5. 実行結果

本テーマで作成した「ワークフロー」の実行結果の一部を下記に掲載します。

実行結果

 

3. 感想

本テーマに取り組むことで、参加されたメンバーは、下記のスキルを身につけることができたと思います。

  • 繰り返し処理
  • 分岐処理
  • ファイル/フォルダ操作
  • テキスト処理(正規表現など)
  • アプリケーション操作
  • スクリプト実行(C#)
  • 例外処理(try catch)

今回は、PDFファイルからデータを抽出する際にスクリプトを使うことで、処理速度を大幅に向上することができました。また、例外処理を実装することで、RPAの弱点である安定性を強化しました。

 

4. 活動風景

活動風景